構成を考える

自作パソコンを作る場合も、普通のパソコンと同じで何をするか、どのレベルの作業をするかと考えると決めやすいです。メーカー製のパソコンとは異なり、よほど拡張性が無い構成(ケースが小さい、マザーボードに拡張のためのPCIスロットやその空きが無い、など)を選ばない限り、後からある程度の機能追加などは可能な場合が多いです。

参考

 格安でパソコン作りたい!

性能より価格を取る場合、とにかく安くまともなパーツで構成するのが肝心です。

  • CPUはCeleron
  • CPUクーラーはCPU付属
  • メモリーは256MB
  • ハードディスクは40GB
  • CD/DVDドライブはCD-ROMだけのドライブ
  • マザーボードはグラフィック機能内蔵のCPUとメモリに合う中で安いのをチョイス
  • グラフィックとサウンドはマザーボードに内蔵のものを使用
  • ケースは電源内蔵の安めをチョイス

CPU、メモリ、ハードディスク、CD/DVDドライブ、マザーボード、ケースの6点のみ。総額おおよそ3万円〜5万円ぐらいで出来上がると思います。

 動画変換 TV録画に!

今回は、「余裕を持ってこれらの作業が出来る」を目標としたいと思います。余裕を持ってTV録画や動画変換などをする場合は全体的に高めの性能が必要になってきます。

  • CPUはそこそこのクロック数のCore 2 Duoをチョイス
  • メモリーは二枚合計で1GB〜2GB、デュアルチャンネル
  • HDDは500GB以上ぐらいの大容量をチョイス
  • CD/DVDドライブはDVDが作れるドライブをチョイス
  • マザーボードはグラフィック機能内蔵をチョイス
  • グラフィックとサウンドはマザーボード内蔵のものを使用
  • ケースは冷却性が高いケースをチョイス

と、いったような感じで総額8万円〜10万円ぐらいの予算になると思います。

※ 3Dゲームをスムーズに!

3Dゲームの場合、当然グラフィックボードが重要になりますが、全体的に高い性能が必要になります。

  • CPUは高クロック数のCore 2 Quadをチョイス
  • メモリは2枚〜4枚で2GB〜4GB
  • HDDは、250GB〜500GBで7200回転、8MBバッファをチョイス
  • CD/DVDドライブはDVD-ROMのゲームもあるので、DVDが読み込めるものをチョイス。
  • マザーボードは、対応CPUとメモリに気をつけ、グラフィックボード用のPCI-Expressなどがあるチョイス
  • グラフィックボードは、2万円前後〜7万円前後の予算を見てよいものをチョイス
  • サウンドボードは、直接プレイ速度にさほど影響しないのでオンボードを使用。
  • ケースは、電源が大きめ(500W〜800W)で冷却性を考慮しチョイス

と、いったような感じで総額13万円前後ぐらいになるかと思います。何をしたいか、どのようにしたいか、を決めれば、構成するパーツは見えてきます。もし「どんな構成にすればいいか見えてこない、こんな構成は可能なのか」といった場合、適当なネットショップで各パーツコーナをパラパラと見てみてください。それが一番想像しやすいかもしれません。

上記内容はあくまで参考程度にとお考えください。

   
 クリエイティブPC【PR】遊楽食 お店探し パソコントラブル対処法
Copyright(C) 2008-2009 creative-pc  All Rights Resserved