起動テスト

現時点で組み付けはCPU、メモリー、グラフィックボード、HDDだけを接続した状態、つまり最小構成で起動をテストしましょう。

一度にパーツを取り付けすぎると、起動しない場合に原因がどこかわかりにくいので、PCI(追加ボード)などは後で接続するようにして、出来るだけ少ないパーツで試しましょう。

無事BIOSが起動できて、各種パーツを正常にを認識していれば基本的にはOKです。

ビープ音が鳴って起動出来なかった場合などは、もう一度よくマニュアルを読み、繋がっていない箇所、うまく取り付けられていない箇所、誤っている箇所が無いか調べてみてください。

特にメモリーは再度抜き、端子部分を乾いた布等で拭くことを、おすすめします。

 

   
クリエイティブPC【PR】遊楽食 お店探し パソコントラブル対処法
Copyright(C) 2008-2009 creative-pc  All Rights Resserved