マザーボードにCPUを装着

実際にパーツが揃いましたら、パソコンの組み立てに入るのですが、ここで解説する組み立て方法は、DDRマザーボード&WindowsXPの場合の作成手順「」です。

(各種パーツの仕様などの違いにより)組み立て方が実際とは異なる場合が十分ありえますので、基本的にはマザーボードのマニュアルなどをよく熟読してください。

そのため、あまり参考にならない事も十二分に考えられますので、ここでは「これで手順が想像出来れば良いな」程度の簡単な説明ですませます。お許しください。

マザーボードにCPUを装着

マザーボード上のCPUソケットにCPUを取り付けます。CPUソケットの両サイドにあるレバーをしっかりと上げて、向きを合わせてソケットに置きます。ピンの位置があっていれば、CPU自体の重さでソケットにはまります。無理におしこんだりはしないようにしましょう。

向きは、インテルの場合は、CPUを上から見て、角のどこかに三角形のマークがあるので、そのマークをレバーの付け何向けて置きます。ピンの配列もよく見比べてみましょう。

Athlonの場合は、CPUを上から見て、角のどこかにマークがありますので、そのマークをレバーの付け根にあわせてください。

クリエイティブPC【PR】遊楽食 お店探し パソコントラブル対処法
Copyright(C) 2008-2009 creative-pc  All Rights Resserved