マザーボードにメモリーを装着

メモリーを袋から取り出す前に、必ずドアノブなど金属に触れるようにしましょう。金属に触れることにより、人の体にたまった静電気を逃がします。

メモリーは静電気程度の電気でも故障してしまいます。

体の静電気を逃がしたら、実際にメモリーを取り出し、マザーボードに装着します。メモリーは切り欠き(メモリの挿し込み口と、メモリーの端子の部分の、かけている部分)が合うか見比べて挿し込むだけです。

ただし、非常に硬い場合があります。難しい話ですが、奥まで挿し込めていないように感じたら、壊れないよう強めにグッ、と両端を均等に押し込むよう心がけてみてください。

又、差込が足りないと認識をしなかったり、メモリー自体が壊れてしまいますので注意してください。

 

クリエイティブPC【PR】遊楽食 お店探し パソコントラブル対処法

Copyright(C) 2008-2009 creative-pc  All Rights Resserved