キーボード

パソコンを自分で組み立てるにあたって、各パーツの事を簡単に解説します。

キーボードは、パソコンと直接触れる部分

自作する場合、メーカー製のパソコンとは異なり、キーボードも自分でチョイスする必要があります。

キーボードの種類

キーボードには、メンブレン式と、パンタグラフ式があります。

メンブレン式は、一般のデスクトップパソコンに多く搭載している、ボコボコとキーが飛び出ているキーボード。

パンタグラフ式は、ノートパソコンに多く搭載されている、キー全体が平らな印象を受けるあまり飛び出ていないキーボード。

キーボードの接続方法

キーボードの接続方法は、一般的にはPS/2とUSBがあります。基本的に、多くのパソコンにこれらのポートは両方とも存在します。

キーの数

テンキーを省いたものや、特定のキーを省いたものなど、キーの数もキーボードにより異なる。重要なのは、このキーの数が異なる事により、サイズと、それぞれのキーの位置も異なってくる事である。

キータッチ

キーを押した時の感触である。キーを押した時の感触、押すのに必要な力、キーが戻ろうとする反発も含めて、好みがわかれる所なので、実際に押して確かめてみるのがベストです。

キー配列

キーボードによっては、エンターキーやCtrl、Altなどが押しにくい位置にあったりするので、要注意。

ワイヤレス

キーボードのワイヤレスモデルも増えてきています。

ワイヤレスのメリットとして、コードが無くスマートであり、持ち運びが便利。

ワイヤレスのデメリットとして、電池切れの心配。

   Logicool   Classic Keyboard 200 iK-21BK

静音設計 スピル・レジスタンス構造 ゼロディグリーティルトタイプ USB接続 108Key日本語キーボード ブラック
UVコーティング処理
   
クリエイティブPC【PR】遊楽食 お店探し パソコントラブル対処法
Copyright(C) 2008-2009 creative-pc  All Rights Resserved