メモリー

パソコンを自分で組み立てるにあたって、各パーツの事を簡単に解説します。

メモリーに関して解説致します。

メモリは、全ての操作に関わる

メモリは、データを使う上で必ず関わってきます。メモリは、ソフトを使用する場合でも、必ず関わってきます。

例えば、今ご覧頂いているネットの画面のデータは、メモリ上に置かれています。何かソフトウェアを使う場合でも、当然画面を立ち上げて、処理すべきデータが発生する、そしてそれらはメモリ上に置かれる。このように、メモリは常に関わってきます。(メモリーは作業台のものです。)

メモリの速さ

メモリが色々な所に関係しているのはおわかり頂けたと思います。メモリの速さについても重要な事は言うまでもありません。それだけ重要で、さらに頻繁に使用されるメモリだからこそ、重要です。

メモリの容量

装着したメモリの容量が上限です。

上限を上回るデーターを処理する場合、どのように処理されるか。それは、メモリの何十分の1の速度という非常に遅いパーツであるハードディスクに保存されます。このハードディスク上に作られるメモリの役目をする領域が仮想メモリと言います。仮想メモリにデータを置かなければいけない状態になると、動作が遅くなります。

メモリが高速なだけに、その速度は体感してはっきり違いが出ます。

いくらCPUが高速で処理出来るとしても仮想メモリーにデーターを置かなければならない状態になると速度的に遅くなります。メモリはある程度余裕を持った容量にするようお勧めします。

メモリをどれにすればいいか迷ってしまいます。

マザーボードを選ぶと、対応しているメモリが決まっているので、予算と相談しましょう。メモリによっては相性問題にて動作しない場合もあるので、買おうとしているメモリがマザーボードで動作確認を取れているか、メモリのメーカーのホームページや、マザーボードのメーカーのホームページで確認しましょう。

 参考資料 BUFFAOL メモリー総合情報サイト

   マスタードシード Pulsar DCDDR2-4GB-800 (DDR2 PC2-6400 2GB 2枚組)

UMAX製 Pulsarブランド PC-2-6400 DDR2-800 2GB CL5 [240Pin] DIMM デュアルチャンネル動作テスト済み同一ロット2枚セット
6層基板 メーカー永久保証 ,PSC(PowerChip Semiconductor)=Elpidaと提携しておりDRAM生産も請け負っている、台湾メーカの中ではトップブランド 
   
クリエイティブPC【PR】遊楽食 お店探し パソコントラブル対処法
Copyright(C) 2008-2009 creative-pc  All Rights Resserved