STEP3 パソコンを選択

STEP1とSTEP2で学んだ事を活かして、実際に幾つかパソコンの仕様を見比べてみましょう。

各項目名が記入されていないため、若干初心者の方にはわかりにくいかもしれませんが、ちゃんと項目を読めば、STEP2で登場した言葉が多いはずです。

文字の部分だけ見ると、上から順番に「製品名」「CPU」「メモリ」「ハードディスク」「CDドライブ」と各種性能が記述されているのがおわかり頂けますでしょうか。

インテル(R) Core i7 Quad 920(2.66GHz) /4.8GT/sQPI/キャッシュ8M
DDR3 1066 3GB
500GB 7200rpm Serial-ATA II
20倍速スーパーマルチドライブ

CPUを解説致します。Intel社のCoreシリーズは、同社のPentiumシリーズに比べ、数段上に位置する優れたモデルで、3Dゲームに適しています。クロック数も2.66GHzと十分と言えます。

メモリを解説致します・3GBという容量は、ゲームや動画処理、テレビの録画(キャプチャーと言います)など、一般的にパソコンに高い負荷をかける作業を行うのに問題ありません。

ハードディスクを解説致します。500GBという容量は、動画処理などを行うなど、容量を多く必要とする作業でも十分物足りています。

20倍速のスーパーマルチドライブですので、ブルーレイディスク以外はOKです。

これらの性能を見ると、通常オフィス機、インターネット等の通常作業だけではなく3Dゲームにも耐えうるHighスペックであることがお分かりいただけます。。

自分のパソコンの仕様書やマニュアルを見て、各種性能を見比べてみると、どの部分に対して性能向上が見込めるかわかりやすいかもしれません。

以上で「パソコンの選び方」のSTEPは全て終了です。

とても短くあっさりしたものだったと思いますが、当然、本当はパソコンはもっと複雑です。

もしこれを機会にパソコンに興味を持って頂いて「もっと知りたい」と思った方や「人に教えられるレベルになりたい」と思った方は、インターネットや書店にはパソコンに関する情報が溢れています。ご自分で調べてみてください。

 

 

BACK STEP1 STEP2

クリエイティブPC【PR】遊楽食 お店探し パソコントラブル対処法

Copyright(C) 2002-2009 creative-pc  All Rights Resserved